忍者ブログ

WEB雑記帳

ハンサム侍が感じたことを徒然なるままに、そこはかとなく書きつけます。

2018.10.22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013.06.05


 

詳細はこちら⇒前島式バストアップダイエット
 




■前島式バストアップダイエット

 
あなたのバストも思春期のような張りと弾力を取り戻せる、3つの理由を包み隠さずお話します。

この方法は、現在までに1万人以上の女性を、理想的なスタイルへと導き、バスとアップしながらダイエットになる事が証明されています。
 




■バストアップしたければ手術は逆効果!

 
まず一昔前まで最も主流だったのは「シリコン」です。

これはシリコンバッグを詰め込み豊胸効果を得るのですが、形が不自然ですぐに分かります。また乳がんの要因になる事から近年は懸念される傾向が強いです。

そして、食塩水バッグ。生理用食塩水が注入されたバッグを詰め込むものです。しかし、手術から何年か経過するとバッグが割れたりして片方だけ小さくなったり、もれたりして、体調不良を引き起こす方もいます。

また、バッグを詰め込む豊胸手術は「彼氏にバレた」「自分でも触ったときにガサガサしているのが分かる」と訴えている女性もいます。
 




■バストアップマッサージは逆にバストを小さくしてしまう可能性が高い?

 
「男性に触られると女性ホルモンが分泌されて胸が大きくなる」これは残念ながら迷信です。

もし、あなたがバストアップマッサージを、毎日欠かさず行っているのであれば、今すぐ止める事をお勧め致します。

まず、女性ホルモンには、黄体ホルモンと呼ばれるエストロゲン、さらにプロゲステロンがありますが、どちらのホルモンも経口摂取してしまえば腸で吸収されて門脈から肝臓に入って分解されてしまうため効果を発揮出来ません。

女性ホルモンを直接体内に吸収するためには、膣坐薬や膣ジェルなどに加工されたもののみが効果を上げています。

また、エストロゲンはプロゲステロンと比べ、植物の中にエステロゲンと似たような生理作用を持つ物質もあります。

それは、皆さんご存知の大豆イソフラボンです。

バストアップサプリメントに多く含まれている、プエラリア(en:Puerariamirifica)の根茎に含まれるミロエステロールやデオキシミロエステロールは、イソフラボンより作用が強く、豊胸用などのサプリメントとして販売されていますが、それだけに副作用の懸念も指摘されています。

厚生労働省に調査を依頼され、食品安全委員会がサプリメントや添加物としてのイソフラボンの過剰な摂取に注意を呼びかけていることから、間違えた摂取方法により美容どころか、健康まで損なってしまう恐れもあるのです。
 




■具体的にどうすれば良いのか?

 
この方法を知る事で、あなたのコンプレックスだったバストは、徐々に張りを取り戻し、大きく美しいバストに変わっていきます。

もう、大豆ばかり食べる必要も、一生懸命マッサージをする必要もありません。

夏に薄着をしておしゃれを楽しんだり、プールや海での水着姿にも自身が持てるようになります。

●バストが小さい人。
●バストの大きい人。

その違いは、この方法を知っているか、知らないか。それだけの違いだったのです。

自然とそのような生活を送っている人は、バストが小さくなる事も垂れてしまう事もありません。

つまり、知識さえ持っていれば、お子さんを産んでいても、年齢を重ねていてもバストアップする事は可能なのです。

あなたも1ヶ月、2ヶ月と実践していくうちに自然と、「あれ何か胸が大きくなってる♪」と実感するでしょう。

理想的なバストが手に入ると、あなたはもっと自信に満ち溢れるでしょう。

 

詳細はこちら⇒前島式バストアップダイエット
 













拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  BackHOME : Next 
ブログ内検索
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード

WEB雑記帳 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]