忍者ブログ

WEB雑記帳

ハンサム侍が感じたことを徒然なるままに、そこはかとなく書きつけます。

2018.04.20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013.05.28
【「セルフヒーリング」ハウツーガイド】
 

詳細はこちら⇒【「セルフヒーリング」ハウツーガイド】
 




■心の中に溜まったストレスを解消する方法!

 
自己治癒力を最大限に高めて、薬や治療に頼ることなく、薬の副作用や再発の心配がないハウツーガイド!

慢性的なストレス体質に別れを告げ自分自身の力で解消できる方法があるとしたら、その方法を知りたいと思いませんか?

自己治癒力を最大限に高めて、薬や治療に頼ることなく、薬の副作用や再発におびえながらの日々の生活に終止符を打つ方法を手に入れましょう。
 




■誰にも理解されない心の悩み

 
近年、職場や家庭での「うつ」の問題が深刻化して、ニュースでも取り上げられるようになり、徐々に社会全体で認知されるようになってきました。

この「うつ」になる大きな要因として、挙げられるのが、ストレスからくる不眠症や、代謝異常が挙げられます。

誰にもこの悩みを理解してもらえないまま、たまり続ける不安とストレスで挙句の果てには肉体的、精神的に大きなダメージを与えてしまいます。ストレスが溜まり続けると、どのような病気を併発してしまうかご存知でしょうか?

ストレスから併発する病気一般的に挙げられる例として、生理不順・不妊症・円形脱毛症・下痢・胃潰瘍・高血圧・喘息・アトピー・神経症・パニック障害・対人恐怖症・呼吸困難・動悸などが挙げられます。

また、「うつ」患者の大半が強いストレスにさらされ、常に不安を抱えている…。という事実から考えても、ストレスを放置しておくと、人体にとって、いかに危険かという状況が、ご理解いただけるはずです。

 




■ストレスをあまり感じない人達

 
世の中には、どう考えても「ものすごいストレスを受けるでしょ?」と100人中100人が思ってしまうような環境にあっても、それをものともせずに毎日楽しそうに生活を送り続けて、ストレスを感じない生活を送り続ける方々もいるということをご存知ですか?
「そんなの、その人がストレスを感じない性格なだけじゃないの!?」と思われるかもしれませんが、あなたの周りにも、「職場環境が厳しくて次々と社員が辞めていく中、何年も勤めている社員の方がいるなぁ…」「子供が3人もいて、子育てが大変なはずなんだけど、いつも楽しそうで健康的な主婦の方がいる…」。

上記のような方がいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは、なぜ、ストレスを感じるような環境であるにもかかわらず、その方たちは、ストレスをうまく解消しているのでしょうか?
 




■ストレスに打ち勝つ人達の共通点

 
ストレスの原因となるネガティブな思考や不快感をうまく打ち消してくれる、いわば、自分自身を癒す力、つまり「セルフヒーリング」のテクニックを身につけているからに他なりません。

しかも、このような方たちは、心だけでなく、体も健康的で、「病気、もしくは風邪なんて何年もひいていない…」という方が大勢いらっしゃいます。
 




■どんな強いストレスも打ち消す、自分を癒す最大のテクニック

 
薬の副作用や再発におびえながらの日々の生活に終止符を打つ方法を手に入れることができたら…。とても素晴らしいと思いませんか?

あなたはどちらの道を選びますか?

安定剤などを服用し、それらの副作用に怯えながら、永遠に続くと思えてしまうような費用と時間を治療や薬に払い続けますか?

それとも、自分の中に秘めている自己治癒力を最大限に引き出し、どんなストレスや病気にも負けない体を作り上げ、薬や治療に人生の大半を費やす疲れ果てる人生から抜け出す準備を始めますか?
 

詳細はこちら⇒【「セルフヒーリング」ハウツーガイド】
 













拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  BackHOME : Next 
ブログ内検索
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
バーコード

WEB雑記帳 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]